国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
winner’s ユニフォーム Beckham ユニフォーム ジェフ千葉 2020選手着用オーセンティックゲームシャツ 増嶋竜也 Oサイズ 中村俊輔ユニフォーム
リバプール CL FINAL 11 サラー
日本代表 久保建英 デビュー戦 ユニフォーム

「全国のニュース」の写真

1985-86 ユヴェントス ユニフォーム プラティニ
ジダンユニフォーム

関連記事

キャディバッグ 新規購入

キャディバッグ
種類···キャディバッグ 性別···レディースメンズ兼用 キャディバッグの口枠···6分割 カラー···ブルー 使用回数は少ないのですが、多少の汚れや劣化はありますが、使用には全く問題はないと思います。 自宅保管ですのでご了承頂ける方よろしくお願い致します。
 プロ野球ドラフト会議で、オリックスから5位指名された宮崎県立富島高の日高暖己投手(18)が18日、同県日向市で球団と仮契約を結んだ。日高投手は「気を引き締めて、チームの勝利へ貢献したい」と決意を語った。 日高投手は184センチの長身から投げる最速148キロの直球を武器に、今季チームを3年ぶりの夏の
オリックスのユニホームを着て決意を新たにする日高投手(中央)と球団関係者=宮崎県日向市で2022年11月18日午後4時58分、重春次男撮影 拡大
オリックスのユニホームを着て決意を新たにする日高投手(中央)と球団関係者=宮崎県日向市で2022年11月18日午後4時58分、重春次男撮影

 プロ野球ドラフト会議で、オリックスから5位指名された宮崎県立富島高の日高暖己投手(18)が18日、同県日向市で球団と仮契約を結んだ。日高投手は「気を引き締めて、チームの勝利へ貢献したい」と決意を語った。

 日高投手は184センチの長身から投げる最速148キロの直球を武器に、今季チームを3年ぶりの夏の甲子園に導いた。同校からプロ野球選手が誕生するのは初めて。

活躍を決意して「ドラフトキング」と書いた色紙を手にする日高投手=宮崎県日向市で2022年11月18日午後4時59分、重春次男撮影 拡大
活躍を決意して「ドラフトキング」と書いた色紙を手にする日高投手=宮崎県日向市で2022年11月18日午後4時59分、重春次男撮影

 契約金3500万円、年俸450万円(いずれも推定)で、背番号は47に決まった。会見に同席したオリックスの縞田拓弥担当スカウトは「体作りをしっかりして、持てる能力を存分に発揮してほしい」と期待を寄せた。

 息子の晴れ姿を見ようと会場を訪れた父大介さん(47)は「感無量。ファンに可愛がられる選手になって」と目を細めていた。【重春次男】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest