国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
スノーピーク アメニティドームM 新品未使用 アイボリー アライテント エアライズ1 (1~2人用) WINDY AND RAINY スターライトタープ アメニティードームM、フロアシート、フロアマット
【希少】MOSS STARGAZER モス スターゲイザー シアトル製
幕男 ちゃ

「全国のニュース」の写真

関連記事

大型 TC アウトドア レジャー キャンプ ソロキャンプ キャンプ用品 欲しいの

大型 TC アウトドア レジャー キャンプ ソロキャンプ キャンプ用品
【カラー】 ベージュ 【材料】 TCコットン aPVCラミネートメッシュシート 【サイズ】 展開時:300×300×200cm 収納時:100×28×24cm 重さ:約17kg
 堺市東区のマンションで8月、住人の荒牧愛美さん(当時29歳)と長女のリリィちゃん(同3歳)が刺殺された事件で、大阪府警は14日、荒牧さんの夫のバルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者(33)=殺人容疑で国際手配=が逃走したブラジルに捜査員を派遣することを明らかにした。捜査1課の幹部ら計3人が19日に
大阪府警本部 拡大
大阪府警本部

 堺市東区のマンションで8月、住人の荒牧愛美さん(当時29歳)と長女のリリィちゃん(同3歳)が刺殺された事件で、大阪府警は14日、荒牧さんの夫のバルボサ・アンデルソン・ロブソン容疑者(33)=殺人容疑で国際手配=が逃走したブラジルに捜査員を派遣することを明らかにした。捜査1課の幹部ら計3人が19日に出国し、現地の警察当局に捜査協力を求める方針。

 府警などによると、バルボサ容疑者は8月20~21日、自宅で荒牧さんらを刃物で刺して殺害した疑いが持たれている。直後に成田空港から出国し、ブラジルに逃亡。現地に潜伏しているとみられ、府警は9月、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配した。

 捜査員らは現地当局の担当者に事件の経緯や証拠を含めた捜査状況を説明するほか、身柄拘束への協力も要請する。警察庁の担当者も同行するという。

 ブラジルは日本と犯罪人引き渡し条約を結んでおらず、憲法で自国民の引き渡しも禁じている。バルボサ容疑者の身柄が確保されても引き渡しに応じないことも予想され、日本側はブラジルの法律で刑事責任を問う「代理処罰」の要請を余儀なくされる可能性がある。【郡悠介】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest