国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
20cmハイクオリティな可愛い着せ替えぬいぐるみ♪漣ジュン トミー ポケモン おおきくなった くたくたピカチュウ ぬいぐるみ TOMY 【希少品】ベビーラム&ミンク毛皮 ヌイグルミ ジェリーキャットJellycat特大ワニ緑ぬいぐるみ玩具クロコダイル鰐クロコ巨大
三毛猫ぬいぐるみ
カマー&ラインハルト ビスクドール ウサギ 親子 アンティーク

「全国のニュース」の写真

アバンセ ペルシャネコ ぬいぐるみ 2点セット
【値下げ中】特大サイズ ダッフィー&シェリーメイ

関連記事

シュタイフ プーさん 6774458 生産数1500体 2012年 海外最新

シュタイフ プーさん 6774458  生産数1500体 2012年
シュタイフ プーさん 6774458 生産数1500体 2012年 箱はございません。 未使用品ですが 長期自宅保管にご理解いただける方のみご購入ください。 よろしくお願いします。
 東日本大震災から十一年となるのを前に、千代田区立日比谷図書文化館で写真展「叫...
展示されている豊田さんの作品=千代田区立日比谷図書文化館で

展示されている豊田さんの作品=千代田区立日比谷図書文化館で

 東日本大震災から十一年となるのを前に、千代田区立日比谷図書文化館で写真展「叫びと囁(ささや)き 福島の11年」が開かれている。震災直後から福島県を訪れて原発事故の被害や影響を取材してきたフォトジャーナリスト豊田直巳さんの作品三十点が展示され、来館者の関心を集めている。(小田克也)
 同館の担当者は、写真展開催の意図を「復興はまだまだで、被害を風化させてはいけないと思う」と語っている。
 豊田さんは一九五六年、静岡県生まれ。八三年からパレスチナ、中東の取材を始めた。その後、旧ユーゴスラビアなどの紛争地を、震災以降は主に原発事故被害を取材している。
 展示写真の中で、二〇一八年五月に飯舘村で撮影した作品は、人々がみこしを担ぎ、周囲には菜の花がたくさん咲いているが、放射能に汚染された大量の土が背後に置かれている。人々は日常を取り戻しつつあるが、決して被害を脱したわけではない、と見る者に語りかけてくる。
 展示には、国内各地にいる避難者数を書いた同館職員手作りの日本地図や、一一年から二〇年にかけての放射線量の推移を示す地図もある。豊田さんの作品と合わせて被害をさまざまな角度から見つめてほしいとの考えからだ。会場には感想を寄せるノートもあり「現実とは思えない風景」などと書かれている。
 展示は三月二十日まで。四日午後六時から同館のホールで、豊田さんが自らの写真を紹介しながらトークを行う。定員百人、参加費千円。問い合わせや申し込みは、同館=電03(3502)3340=へ。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest