国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
真作 人間国宝 浜田庄司作 筒花生 花入 共箱 高さ約20センチ 古美術品◼️蔵から出てきたかなり美しい赤いぐい呑、ぐい飲み、お猪口、中国骨董 中国陶磁器 宋磁州窯 人物壺 こーちゃん様専用 桂又三郎識 瓢箪 共箱
中国鉢 長方 盆栽鉢
mai様専用 古伊万里 色絵 お雛様 7寸2枚 小皿2枚

「全国のニュース」の写真

関連記事

江戸時代 源内焼 水注 珍品 新しい到着

江戸時代 源内焼 水注 珍品
ご覧いただきありがとうございます(^^) サイズ口径6.5センチ、高さ6センチ、横幅13.5センチです。 注ぎ口に僅かにホツレ、蓋裏にも僅かにホツレがあります。 よろしくお願いします。
 広島市西区在住の写真家、田村虎之亮さん(24)が撮影したベラルーシと広島の写真を展示する写真展「East♯0~廃墟からの復活~」が西区横川町3の古書店「本と自由」で開かれている。23日まで。田村さんは「ベラルーシの街の雰囲気を感じてほしい」と話している。 店内には田村さんが撮影したベラルーシと広島
古書店「本と自由」で写真展を開いた写真家の田村虎之亮さん=広島市西区で2022年11月14日午後5時10分、岩本一希撮影 拡大
古書店「本と自由」で写真展を開いた写真家の田村虎之亮さん=広島市西区で2022年11月14日午後5時10分、岩本一希撮影

 広島市西区在住の写真家、田村虎之亮さん(24)が撮影したベラルーシと広島の写真を展示する写真展「East♯0~廃墟からの復活~」が西区横川町3の古書店「本と自由」で開かれている。23日まで。田村さんは「ベラルーシの街の雰囲気を感じてほしい」と話している。

 店内には田村さんが撮影したベラルーシと広島のモノクロ写真、計27点が展示されている。どちらの街の写真も日常の一コマを切り取ったもので、一見どちらの街か見分けがつかない写真も展示されている。

 周囲の大国に翻弄(ほんろう)されてきたベラルーシの歴史などに興味を持ち、田村さんは4月、ベラルーシに数日間滞在。首都ミンスクと国境の街ブレストを訪れ、広島と雰囲気が似ているという印象を受けたという。また、人々の優しさにも触れ魅せられた。「どちらも第二次世界大戦で破壊され、復興した」という共通点を挙げ、今後はベラルーシを起点に東欧の国々を巡り、独ソ戦の戦地となった場所を写真を撮るプロジェクトを始めるという。

古書店「本と自由」で写真展を開いた写真家の田村虎之亮さん=広島市西区で2022年11月14日午後5時11分、岩本一希撮影 拡大
古書店「本と自由」で写真展を開いた写真家の田村虎之亮さん=広島市西区で2022年11月14日午後5時11分、岩本一希撮影

 田村さんは写真展終了後、12月からベラルーシの語学学校に1年間、語学留学する予定で「学びながら街の空気感や人々の暮らしを丁寧に撮影したい」と意気込んでいる。

 午後2時~午前0時。田村さんは午後9時ごろまで店内におり、写真集の販売もしているという。【岩本一希】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest