国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
青花 染付 茶碗 明 中国古玩 名作金キファン様作品★茶器3点セット 古九谷 九谷焼 青九谷 華鳥の図 角福 明治九谷  大徳利 花瓶 1客 松本佐一 香炉 茶道具
【随心堂】希少品 薩摩焼 白山作 金襴手金彩色絵人物山水風景図双耳香炉 古美術
伊賀焼 谷本光生 先生 檜垣文様 花生 花入

「全国のニュース」の写真

茶道具 茶碗 染付 色絵 立雛 曽根幸風
*M68*京都府無形文化財 竹中浩作 白磁合子 共箱 茶道具

関連記事

大西清右衛門 天猫甑口釜 但埴菊松竹梅地紋 茶釜 茶道具 供箱 B347 aサ 格安販売中

大西清右衛門 天猫甑口釜 但埴菊松竹梅地紋 茶釜 茶道具 供箱 B347 aサ
天猫甑口釜 但埴菊松竹梅地紋 大西清右衛門 作 寸法 胴径 七寸九分 19.5cm 口径 三寸七分半 11.6cm 高さ 15.2cm(蓋含めず) 供箱、仕覆有 古い品ですので水漏れはありませんが錆古色があります。 また長期保管の為箱蓋に反りがあります。 画像を確認いただきご理解納得いただける方お願いいたします。
 サッカーJ2で今季4位になり、J1参入プレーオフを勝ち上がってきたロアッソ熊本が13日、J1初昇格を懸けて京都サンガとの決定戦に臨む。2016年の熊本地震で一時、活動休止に追い込まれ、18年にはJ3降格も経験。当時を知る選手や05年のクラブ発足から携わるスタッフは万感の思いで大勝負に挑む。 16年
2016年7月、熊本地震後初めてのホームゲームで、ロアッソ熊本の選手たちに声援を送るサポーター=熊本市東区で2016年7月3日午後8時1分、和田大典撮影 拡大
2016年7月、熊本地震後初めてのホームゲームで、ロアッソ熊本の選手たちに声援を送るサポーター=熊本市東区で2016年7月3日午後8時1分、和田大典撮影

 サッカーJ2で今季4位になり、J1参入プレーオフを勝ち上がってきたロアッソ熊本が13日、J1初昇格を懸けて京都サンガとの決定戦に臨む。2016年の熊本地震で一時、活動休止に追い込まれ、18年にはJ3降格も経験。当時を知る選手や05年のクラブ発足から携わるスタッフは万感の思いで大勝負に挑む。

 16年4月16日未明、熊本県内は2度目の最大震度7に見舞われた。J2はリーグ戦のさなかだったが、熊本市東区の練習グラウンドは救援ヘリが発着する可能性があり、ロアッソの選手らはサッカーどころではなくなった。スタジアムは支援物資の集積場になった。クラブの拠点は甚大な被害が出た益城(ましき)町に隣接し、自宅が全壊した同町出身の選手もいた。

 選手が被災し、練習も試合もいつ再開できるか見通しが立たない――。先の見えない不安がクラブ全体を覆う中、それを振り払うように動き始めたのは選手たち自身だった。

熊本地震を経験しているロアッソ熊本のMF上村周平選手=熊本市東区の県民総合運動公園サッカー場で2022年11月11日午前10時33分、丹下友紀子撮影 拡大
熊本地震を経験しているロアッソ熊本のMF上村周平選手=熊本市東区の県民総合運動公園サッカー場で2022年11月11日午前10時33分、丹下友紀子撮影

 「子供たちとサッカーをしませんか」。選手同士で声をかけ合ったのは地震の数日後。熊本に残っていた選手十数人が近くのグラウンドに集まって、地元の子供たちとボールを蹴った。子供らは自分の町が壊滅的被害に遭い、周りで多くの人が亡くなるのを見ていた。心の傷は選手以上に深かったが、選手らとの時間は一瞬でも癒やしになった。

 選手らは避難所で物資を配るなどボランティアにも精を出した。益城町出身のMF上村周平選手(27)は「(自分も)震災に遭ったが、動ける側だったのでボランティアに行かせてもらった」。被災者からは「あなたたちがサッカーをする姿が明日への希望につながる」と声をかけられた。

 「あんなに地域の人と触れ合ったことはなかったので、うれしかった」。こちらも地震で大きな被害が出た同県大津町出身のDF黒木晃平選手(33)は振り返る。「応援してくれる人のおかげで、サッカーをできている」。その思いに突き動かされてきた。

ロアッソ熊本の発足から携わる首藤崇さん=熊本市東区のロアッソ熊本クラブハウスで2022年11月11日午後2時10分、丹下友紀子撮影 拡大
ロアッソ熊本の発足から携わる首藤崇さん=熊本市東区のロアッソ熊本クラブハウスで2022年11月11日午後2時10分、丹下友紀子撮影

 「熊本を元気にする」。地震の時、選手らが地域に飛び込んでいったのは、クラブ発足以来の理念が浸透していたからだった。「地域に受け入れられるクラブでありたいし、その中で選手に輝いてほしい。選手も理解していると思う」。04年の準備室設立から携わる首藤崇・ロアッソ熊本スポーツクラブ理事(41)は語る。「たくさんの人が一日一日つないできて今がある。だからこそ、一つでも上のカテゴリーでやることは大事なのかもしれない」

 19~21年シーズンをJ3で過ごし、今季からJ2に復帰したロアッソは18勝13分け11敗で過去最高の4位に。J1参入プレーオフは大分、山形を相手に勝ち上がり、J1で16位だった京都との決定戦に駒を進めた。大木武監督(61)は「苦しいこと、大変なことがあった時、ロアッソを見た人が『明日頑張ろう』と思えるクラブになれれば、それが熊本にある意義だと思う」と話す。地域と歩んできたクラブが新たな地平を開きにいく。【丹下友紀子】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest