国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
デュエマ エモーショナルハードコア 金 1枚 勝利龍装 クラッシュ“覇道” CSプロモ モルトNEXT モルトNEXTデッキ 悪魔神バロムエンペラー psa9
デュエルマスターズ デュエマ デッキ 4cレッドギラ
プレステージCS プレイマット

「全国のニュース」の写真

関連記事

勝利龍装クラッシュ"覇道"プロモ 輝い

勝利龍装クラッシュ
勝利龍装クラッシュ"覇道"プロモ トラブル防止のためプレイ用でお願いします。開封後すぐスリーブに入れました。傷、汚れなどない美品になりますが、素人目線の確認ですのでご理解お願いいたします。
 明治神宮外苑地区の再開発で、文化財保護の提言活動を行う日本イコモス国内委員会は6日...
 明治神宮外苑地区の再開発で、文化財保護の提言活動を行う日本イコモス国内委員会は6日、記者会見し、再開発によって伐採する樹木を971本から556本に4割削減するとした事業者の説明について「根拠を確認できない」と反論した。地区全体では依然として1000本近い樹木に伐採・衰退の可能性があるとの試算を公表し、公開で共同現地調査を行うことを事業者に求めた。(森本智之)
 委員会は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関の国内組織。反論は文書で事業者をはじめ、国や東京都などに送付する。
 伐採樹木の「4割削減」は再開発が環境に与える影響を検討する東京都環境影響評価審議会で8月、事業者が明らかにしていた。削減の要因は、再開発を終えるまでに自然に立ち枯れる可能性があるとして、経験則で「伐採」に計上していた311本を省いたことにある。石川幹子理事(中央大研究開発機構教授)は「伐採や保存は一本一本の樹木の状況を確認して判断するべきだ。現実を積み上げないと数字遊びに過ぎなくなる」と指摘した。
 事業者側が説明する4割削減の対象エリアは再開発事業用地のうちの一部。除外された絵画館前広場も含めた全域を対象にすると、伐採本数はさらに増える。
 外苑再開発について「基本的な事実を分かりやすくまとめ(る)」として設けたウェブサイトで、都は4割削減を紹介しているものの、同広場が環境影響評価の対象ではないことを理由に、この場所での伐採については説明していない。石川氏は「誤解を招く」と是正を求めた。
 石川氏はその上で、再開発により新球場が接近することでイチョウ並木の一部が衰退する可能性が高いとして、絵画館前広場も含めた再開発用地全体で989本が伐採されたり、衰退する危機にある、としている。
 三井不動産は「法令にのっとり、東京都等各関係機関等との協議、手続きを適切に進めている」と取材に回答。ウェブサイトの記載について都は「環境影響評価審議会の内容をまとめたもの」と反論した。

外苑再開発での伐採樹木の削減 三井不動産など事業者は8月、東京都環境影響評価審議会で伐採樹木を971本から556本へ415本(約4割)減らすと説明した。このうち、311本は自然に立ち枯れる可能性があるとして「伐採」にカウントしていた木を「問題が生じた時に対応する」として省いた。別の19本は大きさなどから移植が難しいと判断していたが「移植検討」というカテゴリーを設けて伐採から外した。残り85本も移植が難しいとみていたが、移植可否を判断する条件を緩めるなどして「移植」に計上した。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest