国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
マーメイド ワンピース ドレス パラスパレス インディゴ ガーゼ 花曇り柄 ボトル衿 ワンピース 新品未使用 ツルバイマリコオイカワ ワンピース HERITANOVUM シルク100% ティアードキャミワンピース ドレス
復刻版リネンボリュームマキシワンピース
PLAN C プランシー ワンピース シャツ スカート

「全国のニュース」の写真

Bergamo Plaid Tiered Long Dress
イッセイミヤケのワンピース

関連記事

正規品☆three floor (スリーフロア)アシンメトリー ワンピース 最新最全の

正規品☆three floor (スリーフロア)アシンメトリー ワンピース
ご覧頂きましてありがとう御座います♡ とても、高級感のある一着てす☆ 裾の長さがアシンメトリーになっていて 技アリのワンピースです(◍•ᴗ•◍) 素敵に着て頂ける方に♡ セルフポートレイトと同じデザイナーのブランドで価格帯も同じ位のブランドです☆ ブランド欄がなかったので 上記の理由からセルフポートレイトの ブランド欄お借りしております! ブランドはthree floorです。 お間違い無いようお願い致します。 カラー...ブルー 柄・デザイン...花柄 袖丈...袖なし 季節感...春, 夏, 秋, 冬 elisabetta franchi エリザベッタフランキ モスキーノ アリスアンドオリビア セルフポートレート カメオ ミリー MSGM bcbgmaxazria BCBG セルフポートレート など、お好きな方に♡
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグで27日、日本はコスタリカ(北中米カリブ海)に敗れた。決勝トーナメント進出はスペインとの第3戦に持ち越したが、W杯優勝経験があるドイツ、スペインがいるE組で奮闘する日本の中心に、鎌田(かまだ)大地選手(26)がいる。Jリーグのサガン鳥栖(佐賀県
サガン鳥栖時代の鎌田大地選手に夕食を作っていた松隈大樹さん。経営する居酒屋の店内には当時のユニホームやW杯用に作った応援旗を飾る=佐賀県鳥栖市で、平川昌範撮影 拡大
サガン鳥栖時代の鎌田大地選手に夕食を作っていた松隈大樹さん。経営する居酒屋の店内には当時のユニホームやW杯用に作った応援旗を飾る=佐賀県鳥栖市で、平川昌範撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグで27日、日本はコスタリカ(北中米カリブ海)に敗れた。決勝トーナメント進出はスペインとの第3戦に持ち越したが、W杯優勝経験があるドイツ、スペインがいるE組で奮闘する日本の中心に、鎌田(かまだ)大地選手(26)がいる。Jリーグのサガン鳥栖(佐賀県鳥栖市)でプロとしてのキャリアをスタートし、現在は独ブンデスリーガでプレー。世界で活躍する土台を作ったのは、鳥栖時代の夕食メニューだった。

 鳥栖市の居酒屋「奏味創彩(そうみそうさい)えんや」は、サガン鳥栖のホームグラウンドに近い選手行きつけの店。2015年、京都の高校を卒業して18歳でプロ入りした鎌田選手も先輩に連れられ店を訪れていた。店主の松隈大樹(ひろき)さん(45)は「若ければ遊びにも興味を持つものだが、大地はサッカー一筋。自然と応援したくなった」と振り返る。

サガン鳥栖時代の鎌田大地選手が使っていた箸。当時の背番号と名前が刻まれている=佐賀県鳥栖市で2022年11月25日午後1時20分、平川昌範撮影 拡大
サガン鳥栖時代の鎌田大地選手が使っていた箸。当時の背番号と名前が刻まれている=佐賀県鳥栖市で2022年11月25日午後1時20分、平川昌範撮影

 「食事を見直したい。作ってもらえませんか」。松隈さんは鎌田選手に頼まれた「あの日」をはっきり覚えている。J1のデビュー戦でゴールを決めるなど入団1年目から頭角を現した鎌田選手だったが、当時は独身で外食が中心。体脂肪率が高く、体作りが課題だった。「週1、2回では意味がない。毎日ならやるよ」。そこから世界への二人三脚が始まった。

 松隈さんは旬の食材を生かすことを心がけ、鎌田選手の好物の焼き魚など、揚げ物なしで9品以上の夕食を出し続けた。遠征帰りには遅くまで店を開けて待った。やがて体脂肪率は目標の10%まで落ちた。

昨年7月に帰国した際の鎌田大地選手(左)と松隈大樹さん。オフシーズンなどには今も店に顔を出すという=松隈さん提供 拡大
昨年7月に帰国した際の鎌田大地選手(左)と松隈大樹さん。オフシーズンなどには今も店に顔を出すという=松隈さん提供

 鎌田選手は食事を待つわずかな間も英単語帳をめくっていた。松隈さんはその姿も印象に残っている。「当時からヨーロッパで活躍すると決め、実現のためにやるべきことを徹底していた」。17年夏、鎌田選手はブンデスリーガの名門クラブへの移籍を果たした。

 鎌田選手のW杯デビューだった23日のドイツ戦。劇的な逆転勝利を見届け、スマホでメッセージを送った。「よかったね。コンディションを維持して頑張って。鳥栖からまた応援してます」。普段と変わらず、絵文字の返信が届いた。

 鎌田選手は欧州移籍後も帰国の度に店を訪れる。「わざわざいいのにと言うんですが、本当に義理堅いんです」と松隈さん。海外の選手に当たり負けしない屈強な体はあの日から培われてきた。コスタリカ戦は営業の傍らテレビ観戦し「大地、ゴールを決めてくれ」と祈ったが、かなわなかった。「とにかく残念。コンディションを整えて次のスペイン戦では絶対勝ってほしい」と期待を込めた。【平川昌範】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest