国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
pero ペロ コート H.P.FRANCE アッシュペーフランス リムアーク u-art shirt dress 36 タダシショージ ロングドレス☘ 花を着るワンピース#02【ハクモクレン】 サイズ2
ロリータ 花嫁 茶会 baby the stars angelic pretty
Dハロ ティアナ シークレットハニー プリンセス魔法のキス ドレス

「全国のニュース」の写真

meltthelady meiden lace setup
最終価格ワンダフルワールド 豪華くまワンピース 検ピンクハウス インゲボルグ

関連記事

【未使用】A.P.C. ワンピース 【在庫一掃】

【未使用】A.P.C.  ワンピース
A.P.C.のワンピースです。 2022年1月頃購入。試着のみの未使用品です。 きれいめでもカジュアルでも使用でき、使いやすい商品だと思います。 引っ越しのため収納スペースが減るので出品します。 カラー···グリーン 柄・デザイン···無地 袖丈···長袖 季節感···秋、冬
 東京都八王子市と姉妹都市交流を続けている神奈川県小田原市のJAが、八王子市民...
たまねぎオーナー園での収穫の様子=いずれも神奈川県小田原市で(同市提供)

たまねぎオーナー園での収穫の様子=いずれも神奈川県小田原市で(同市提供)

 東京都八王子市と姉妹都市交流を続けている神奈川県小田原市のJAが、八王子市民を対象に小田原市特産の「下中たまねぎ」の収穫などが体験できるモニターオーナーを募っている。今夏から栽培に八王子市の牛ふん堆肥を使っており、両市の農家と畜産農家のタッグが新たな交流のきっかけとなっている。(布施谷航)
 小田原市東部の下中地区で栽培される下中たまねぎは、牛ふん堆肥による有機質が豊富な土壌で育てられるのが特徴。地域に一九九八年に三十軒ほどあった畜産農家は現在、三軒にまで減少しており、堆肥の確保が課題となっていた。
 こうした中、今年七月に八王子市内の小中学校の給食で、下中たまねぎを使ったメニューを提供したのがきっかけで、小田原のJAが八王子市のJAを通じて牛ふん堆肥を購入。引き続き使うことになった。
甘みが特徴の下中たまねぎ

甘みが特徴の下中たまねぎ

 縁を深めようと、JAかながわ西湘小田原オーナー園部会は、市内の「たまねぎオーナー園」に八王子市民用に五十区画を用意。通常は一区画五千円でオーナーを募るが、今回はモニターとして無料で苗の定植と収穫を体験してもらう。一人一区画で一区画あたり二百個程度が取れるという。小田原市の担当者は「八王子の牛ふんを使った小田原のタマネギを味わってもらい、姉妹都市交流を深めてもらいたい」と話す。
 定植は十一月二十七日、収穫は来年五月下旬。交通費は自己負担。定植、収穫の両方に参加できる八王子市民を募っている。申し込みは十一月九日までに専用HPで。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest