国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
ミント様確認用 ENFOLD コクーン ワンピース 美品 フォクシー ワンピース 黒 セオリー・リュクス ワンピース
TADASHI SHOJI ベルスリーブ膝丈ワンピース
未使用 ジャパンパターンサイズ4♪TADASHIタダシショージ

「全国のニュース」の写真

関連記事

【最終価格】TOCCA ゴールドレーベル 『DANCING LADY』 ミント 人気満点

【最終価格】TOCCA ゴールドレーベル 『DANCING LADY』 ミント
直営店で購入し、そのまま店舗でウエストをお直しをしてもらっています。 0サイズですが、00サイズ程になっております。 13万円程で購入しました。 凄く可愛く、ゴールドレーベルならではの華やかさがありますが、なかなか着る機会がないためお譲り致します。 2回ほどの着用で目立った傷や汚れはないと思います。 ウエスト:約32cm(平置き) 総丈:約91cm 日本製 厚みのあるワンピースのため、宅急便での発送となります。 ※TOCCAのワンピースを2枚以上ご購入いただける場合は御値引き致しますのでご相談ください。
 今夏の甲子園で東北勢初の優勝を果たした仙台育英高野球部は3日、優勝旗の「白河の関」越えを受け、福島県白河市を訪問した。国指定史跡「白河関跡」近くの白河神社で参拝後、地元の少年団の野球部員らと野球の練習で交流した。 この日は同市の表郷中体育館に軟式野球・ソフトボールの少年団員約100人が待ち構え、部
地元の小学生と守備練習で交流する仙台育英の3年生部員=福島県白河市で2022年12月3日午前10時52分、平家勇大撮影
地元の小学生と守備練習で交流する仙台育英の3年生部員=福島県白河市で2022年12月3日午前10時52分、平家勇大撮影

 今夏の甲子園で東北勢初の優勝を果たした仙台育英高野球部は3日、優勝旗の「白河の関」越えを受け、福島県白河市を訪問した。国指定史跡「白河関跡」近くの白河神社で参拝後、地元の少年団の野球部員らと野球の練習で交流した。

 この日は同市の表郷中体育館に軟式野球・ソフトボールの少年団員約100人が待ち構え、部員らを拍手で迎えた。鈴木和夫市長も登壇し「優勝は東北全体の喜びだ」と記念品を贈呈。須江航監督は「宮城だけでなく、東北の皆さんの応援のおかげで良い試合ができた」と応じ、小学生に「『自分にもできる』と思って、努力を積み重ねてほしい」と呼びかけた。

甲子園優勝旗の「白河の関越え」を受けて拍手で迎えられる仙台育英の部員ら=福島県白河市で2022年12月3日午前10時13分、平家勇大撮影
甲子園優勝旗の「白河の関越え」を受けて拍手で迎えられる仙台育英の部員ら=福島県白河市で2022年12月3日午前10時13分、平家勇大撮影

 交流会ではグループに分かれて、守備とバッティングを指導。素早い捕球の仕方やバットの振り方を部員らが実演すると、大きな歓声が上がった。終了後には小学生から「普段はどんな練習をしているの?」「甲子園優勝の秘訣(ひけつ)は?」といった質問も飛び出した。

 参加した小学5年の佐藤蓮仁(りひと)さん(11)は「『白河の関』越えに感動したので、とても楽しみにしていた。かっこいい選手たちから守備の姿勢を教えてもらえてうれしかった」と満面の笑みを見せた。

 仙台育英元主将の佐藤悠斗さん(17)は「白河に足を踏み入れ、改めて優勝の実感がわいた。交流会では純粋に野球を楽しむ気持ちを思い出し、自分たちにとっても良い経験になった」と語った。【平家勇大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest