国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
HERMES エルメス ポーチ ブリッドアブラック Burberry バーバリー 革のクラッチバック 美品 茶色 ブラウン ルイヴィトン アクセサリーポーチ モノグラム ♡るこは☆様  プラダのバッグ2点セット
LOUISVUITTON トゥルーストワレ 23 ポーチ セカンド クラッチ
PRADA プラダ コスメバック コスメボックス 化粧バック ナイロン バック

「全国のニュース」の写真

VALENTINO ヴァレンティノ ポーチ
ルイヴィトン アクセサリーポーチ モノグラム

関連記事

CELINE CE00/34 マカダム アクセサリーポーチ ミニハンドバッグ 非常に高い品質

CELINE CE00/34 マカダム アクセサリーポーチ ミニハンドバッグ
ブランド名:セリーヌ サイズ 横:約25cm 縦:約17cm 奥行き:約6.5cm 色:ブラウン 状態:角が少しだけスレがありますが特に目立つダメージなく問題なく着用していただけます。 AACD加盟店での購入となります、確実正規品ですので、ご安心ください。
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は1日(日本時間2日)、1次リーグE組の最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、同組首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。 ◇スペインの細かいパスに対抗 スペインの強力攻撃陣に対抗するため、日本が選択した守備
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP 拡大
スペイン戦の後半、ゴールに迫る日本の三笘薫(上)=2022年12月1日、AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は1日(日本時間2日)、1次リーグE組の最終戦でスペインに2―1で逆転勝利した。日本は2勝1敗の勝ち点6とし、同組首位で2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。

スペインの細かいパスに対抗

 スペインの強力攻撃陣に対抗するため、日本が選択した守備陣形は、スタートから3バックで臨むことだった。

 ここまで2戦の最終ラインは4バックでスタートし、途中から3バックに変更した。3バックの中央で最終ラインを統率した主将の吉田麻也が狙いを明かす。「3バックもしくは5バックでしっかりハメにいく。後ろは我慢するというプランだった」

 スペインはボール保持にこだわり、短いパスをつないで自陣から攻撃を組み立ててくる。森保一監督が率いて吉田も出場した東京オリンピックの準決勝で対戦し、4バックが有効に機能しなかった点も考慮しての選択だった。

 相手が細かくパスを回して攻め入ってくるスペースを埋めるため、中盤の両サイドに入った長友佑都と伊東純也も下がって5バックとなって自陣でブロックを作り、相手の攻撃に耐えた。

 前半11分に先制点を許して苦しくなったが、連動した攻撃の起点になるセンターFWで先制点を挙げたモラタにボールが収まらないように、吉田がしつこく圧力をかけ続けた。傷口を最小限にとどめながら、反撃の機会をうかがった。

リスク承知で勝負仕掛ける

 そしてスペインの動きが鈍くなるであろう後半最初の10分間に、相手をハメにいく勝負を仕掛けた。後半開始から堂安律と三笘薫の両アタッカーを同時投入し、リスクを背負って攻めにいくと決めた。

 最前線の前田大然を相手のボール保持者に向かって走らせた。前田だけでなく二の矢、三の矢と前線の選手も加勢していく。後半3分の堂安の同点ゴールは前田が相手GKシモンに果敢にプレスをかけたのが起点になった。3分後の田中碧の逆転ゴールも自陣からのロングボールを縦に素早く運んだ。森保監督は「相手にボールを握られてもしっかり守り、良い守備から良い攻撃につなげていくことを選手たちが実践してくれた。前半我慢した分、カウンターへ移れた」とプラン通りの展開だったことを強調した。

 逆転後には再び守りを固めたこともあり、ボール保持率はスペインの74%に対し、わずか17%にとどまった。それでも堂安は「ボールは支配されていたが、あれは一つの戦術」と言い切る。逃げ切りを図るために相当な時間を自陣で過ごすことになったが、吉田は「引いた相手に対して守備をこじ開けるのは(スペインでも)難しいというのは何となくイメージできていた。それを最後までかなり長い時間、徹底してやれた」と誇った。それぞれの「攻」と「守」へのイメージ共有が尽くされた上での逆転劇だった。【ドーハ長宗拓弥】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest