国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
桜さま BALENCIAGA レオパードトートバック くーちゃん✨様 専用! 土屋鞄 トーンオイルヌメ ミディアムトート ルイヴィトン モノグラム トートバッグ
Chloe woody ミディアムトートバッグ
CELINE セリーヌ スモールカバ

「全国のニュース」の写真

エルメス HERMES ガーデンパーティー PM ブラック キャンバス
極 美品 紙タグ GUCCI オールド グッチ シェリーライン トートバッグ

関連記事

PRADA デニムバッグ カナパ 2wayトートバッグ 【2017春夏新色】

PRADA デニムバッグ カナパ 2wayトートバッグ
PRADA デニムバッグ カナパ 2wayトートバッグ サイズ:M 縦22cm × 横34cm × 幅22cm ハンドル高18cm 目立つ傷や汚れなどありませんが写真をご確認の上、中古品であるということをご理解いただける方のみのご購入をお願いします。 付属の袋はかなり汚れが目立ちます! ●返品はお受けできませんので、予めご了承下さい。
札幌市がめざす2030年冬季五輪の開催地決定は、来秋の予定が先送りになった
[PR]

 札幌市が名乗りを上げ、来秋に決める予定だった2030年冬季五輪の開催地選考について、国際オリンピック委員会(IOC)が6日、先送りする方針を決めた。

 これを受け、最有力と見られていた札幌が選ばれる可能性が低くなったと考えるのは早計だろう。

 IOCは先送りの理由に温暖化など気候変動の影響を挙げる。各都市の計画を評価する「将来開催地委員会」から今後の開催地決定について、安定的に最低気温が0度以下になる気象条件を設ける案や、一定の都市間で持ち回り開催する案などが示された。今後、冬季競技の国際統括団体などと協議を深める時間が必要になったとの説明だ。

 以前は五輪憲章に「本番の7年前に開催地を決める」ことが明文化されていたが、3年前にその条文を撤廃。バッハ会長は選考の「柔軟さ」のメリットを強調する。準備期間が短くなることへの懸念について、デュビ五輪統括部長は30年大会に名乗りを上げている都市は「いずれも過去に五輪を開いた経験があり、毎冬、大会を開いていて施設も専門知識もある。だから安心して決定を遅らせることができる」と説明する。

 いずれも合理的な説明に聞こえる。札幌と共に意欲を示すソルトレークシティー(米)は02年、バンクーバー(カナダ)は10年の開催都市で新たな会場建設の負担は少ない。

 しかし、IOC関係者に聞く…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest