国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
新品 ミナペルホネン×ポーター タンバリンネ ショルダーバッグ ピンクベージュ 正規品 ルイヴィトン カルトシエール ショルダーバッグ モノグラム M51252 【美品•希少】フェンディ バイザウェイ 2way モンスター ミディアム ハンド 極 美品 バーバリーズ ノバチェック レザー ショルダーバッグ ポシェット 紺
【良品】セリーヌ マカダム ガンチーニ ショルダーバッグ ブラウン PVC
CHANEL シャネル キューブ バッグ ココマーク トート ショルダー 黒

「全国のニュース」の写真

ジルサンダー タングルショルダーバッグ 定価約14万 ブラウン ブラック
LOEWE(ロエベ) ナッパレザー アナグラム ショルダーバッグ SH009

関連記事

ジョジョ サマンサベガ JOJOコラボ 空条承太郎 限定 【T-ポイント5倍】

ジョジョ サマンサベガ JOJOコラボ 空条承太郎 限定
こちらも買ったものの、やっぱり持ちそうにないため、出品します( *´꒳`* ) カラー···パープル 柄・デザイン···プリント(ロゴなど)
 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で行われた第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。 この日も日本の守備は出足が鋭かった。前線の選手が効果的にパスコースを塞ぎ、中盤の遠藤航らが体を張って相手からボールを奪うと、すぐさま攻撃に
【日本-コスタリカ】前半、前線にボールを送る長友佑都(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影 拡大
【日本-コスタリカ】前半、前線にボールを送る長友佑都(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で行われた第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。

 この日も日本の守備は出足が鋭かった。前線の選手が効果的にパスコースを塞ぎ、中盤の遠藤航らが体を張って相手からボールを奪うと、すぐさま攻撃につなげた。だが後半30分過ぎに中途半端なクリアボールを拾われ、そこから失点。守備を重視してきたチームに起きた痛恨のミスだった。

 日本の持ち味をどう引き出し、世界と戦っていくか。森保一監督は2018年7月の就任以降、そのテーマと向き合い続けてきた。

 原点は日本のコーチとして参加した前回18年W杯ロシア大会だ。1次リーグを突破し、決勝トーナメント1回戦でベルギーに逆転負けした中、世界基準を体感した。「普段、映像で見る試合の1・5倍速から2倍速くらいのスピードで展開されているように感じた」

 就任後は「良い守備から良い攻撃へ」とのコンセプトを掲げ、日本人の俊敏性や勤勉さ、技術力を生かした戦い方を模索し、プレーや判断の速さも求め続けた。引いて守る相手が多いW杯アジア予選で、あえてボールを握らずに素早い攻撃にトライしたのも、W杯を意識していたからこそだ。

 その戦い方には歴代代表のDNAも息づいている。

 初出場した1998年フランス大会以降、過去6度のW杯で日本を率いた監督は5人。手法はさまざまだが、森保監督はその長所を巧みに取り入れてきた。

 日本が初めて決勝トーナメントに進んだ02年日韓大会を指揮し、規律を重視したフィリップ・トルシエ氏からは「日本人は役割をしっかりさせ組織力を持てば世界で戦っていける、と参考になった」(森保監督)。10年南アフリカ大会で16強入りした岡田武史氏の戦いからは、ピッチの横幅を埋め、弱点だった両サイドの守備を強化する手法を学んだ。攻撃的なスタイルが売りで、18年ロシア大会で速攻と遅い攻めを使い分けた西野朗氏からは「日本はもっとボールを握れる。勇気を持って戦えば強豪と渡り合える」とのメッセージを受け取った。

 さらに、日本人らしさを求めた故イビチャ・オシム氏からは勤勉に走りながら組織的に戦うことの重要性を受け継ぐ。1次リーグで敗退した14年ブラジル大会監督のアルベルト・ザッケローニ氏が掲げたインテンシティー(激しさ、強さ)や、ロシア大会直前に解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏の求めたデュエル(球際の戦い)といった考え方もチーム作りに色濃く反映している。

 「過去を学び、全てを今に生かす」と森保監督。日本サッカー界が積み上げてきた歴史を背負っているだけに、このまま終わるわけにはいかない。【アルラヤン細谷拓海】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest