国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
一番くじ ドラゴンボール 人造人間の恐怖 慎重勇者 女神リスタルテ 1/7スケール 塗装済み完成品フィギュア 一番くじ ワンピース 見参!赤鞘九人男~第一弾~フィギュアコンプリート 一番くじ ドラゴンボール オムニバス 1ロット 分
【ファシー様専用】合金トイ3種盛り
コトブキヤ 五等分の花嫁 フィギュア5点セット

「全国のニュース」の写真

関連記事

Figma HUNTER×HUNTER クラピカ 【爆売りセール開催中!】

Figma  HUNTER×HUNTER クラピカ
Figma ハンターハンター HUNTER×HUNTER クラピカ パッケージダメージあり 本体緩み破損なし ケースで大切に保管していたため 目立つ傷等はありません 即購入可
 ウクライナ・キーウ出身で日本在住のイリーナ・ソロツカさん(29)とバレリア・...
生徒たちの前でウクライナの現状を話すイリーナさん(右)とバレリアさん=東久留米市で

生徒たちの前でウクライナの現状を話すイリーナさん(右)とバレリアさん=東久留米市で

 ウクライナ・キーウ出身で日本在住のイリーナ・ソロツカさん(29)とバレリア・ソロツカさん(27)姉妹が十一日、東京都東久留米市の自由学園で講演し、ロシアによる軍事侵攻の現状を愁えたり、ウクライナの歴史と文化について話したりした。中等科と高等科の生徒四百五十人が平和を願う姉妹の話に耳を傾けた。(林朋実)
 生徒有志が三月と五月に学園近くの西武池袋線ひばりケ丘駅でウクライナ支援の募金活動をしたのを機に、生徒から「ウクライナのことをもっと知りたい」と声が上がった。これを受けて学園が姉妹に依頼した。
 二人は両親の仕事の都合で二〇〇〇年に来日。その後、ともに英国の大学で学んだ。現在、イリーナさんは都内、バレリアさんは神奈川県で暮らしている。前は折々に帰郷していたが、軍事侵攻でかなわぬ状況になった。ただ、現地の親戚や友人とは電話などで連絡を取っているという。
 イリーナさんはその内容にまでは触れなかったが、ブチャやマリウポリなどの都市が激しい攻撃にさらされて甚大な被害が出ていることなど窮状を訴えた。
 一方、侵攻開始から百日以上がたち、ウクライナ関連のニュースが減りつつあるとし「ウクライナ人は世界に忘れられないように頑張っている。ウクライナについて話したり、ウクライナの音楽を聴いたりすることも支援につながる」と呼び掛けた。姉妹の両親も登壇し、食べ物や宗教、文化に関する質問に答えた。
 五月の募金の中心となった中等科二年の渡部小暖(こはる)さん(14)は「どこか遠い世界のように感じていたが、ウクライナに親戚や友達がいる人が目の前で話してくれたことで今、起こっていることを具体的に想像できるようになった」と話した。募金活動では約百十九万円が集まり、国連児童基金(ユニセフ)のウクライナ緊急募金に寄付した。秋にも募金活動をするという。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest