国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
ブルーロック ジュエリー缶バッジ 凪誠士郎 激レア コナン ポップアップストア限定 缶バッジ 新一 向坂椋 小説缶 132点 天祥院英智 まとめ売り
プロセカ スイパラコラボ 神高男子コンプリートセット
ディズニー ファンタジア ピンバッジ 魔法使いの弟子 ピンバッジ

「全国のニュース」の写真

関連記事

ヒプマイ 缶バッジ 神宮寺寂雷 魅力の

ヒプマイ 缶バッジ 神宮寺寂雷
未開封品 値段相談可
エキシビションで演技をする渡辺倫果=小林一茂撮影
[PR]

 何度も笑いがおきた10分間だった。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯のフリーがあった19日。演技を終えた渡辺倫果(法大)が取材に応じた。ジャンプにミスはあったが、記者とやり取りする表情からは手応えが見て取れた。

 「来季につながることが今季はできた。本当に飛躍の年だったんじゃないかな。シーズンが終わりそうな言葉になっていますけど」

 まさに「飛躍」のシーズンになっている。

 元々、GPシリーズに出場する予定はなかった。今季休養を発表した樋口新葉(明大)に代わって急きょ2戦に出ることが決定。10月の第2戦スケートカナダで初出場優勝を飾り、いきなり今季の主役候補に名乗りを上げた。

 勢いそのままに、NHK杯が開幕する前日ごろまでは「『私が(GPシリーズ)2戦目って面白いなあ』っていう感じ」と気負いはなかったという。

 だが、一気に高まった注目度と、突然視界に入ってきた12月のGPファイナル進出。直前でプレッシャーにのまれた。

 「緊張するところまで緊張した」というショートプログラム(SP)では、冒頭の3回転アクセルで転倒。3回転ループは空中で体が開き、1回転に。演技後は腰に手を当て、うつむいた。9位だった。

 「本当にどうしたら良いか分からない」。その夜、切り替えようと思っても、すぐにはできなかった。

 立ち直るきっかけをくれたのは、周囲の言葉だった。

 中庭健介コーチを通して、荒…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest