国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
YEEZY BOOST 350 V2 FX9028 FLAX AIR FORCE1 SUPREME × COMME DES GARCONS ニューバランス M996 Made in USA Asics × Ballaholic 26.5㎝ボーラホリック アシックス
新品 nike air Jordan6 × travis scott 28cm
美品 メゾンマルジェラ×リーボック 足袋スニーカー ビアンケット 29.5cm

「全国のニュース」の写真

northwave ESPRESSO 28センチ 復刻第2弾
NIKE Supreme ナイキ エアフォー シュプリーム NBA 27㎝ 新品

関連記事

Supreme x Nike AIR MORE UPTEMPO 好評

Supreme x Nike AIR MORE UPTEMPO
シュプリーム × ナイキ エア モア アップテンポ カラー⇒Varsity Red/White(バーシティレッド/ホワイト) 付属品⇒箱 黒タグ 替え紐(白) 状態⇒数回使用の中古品ですが美品です。状態確認は写真にてお願いします。 即購入OK 写真リクエストは気軽にコメントください!
 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球の日本代表「侍ジャパン」は、栗山英樹監督体制の第一歩となる11月の強化試合を4戦全勝で終えた。投手陣では鍵の「第2先発」で起用された4投手が無失点と好投。慣れないWBC使用球の扱いにも、さまざまな工夫を凝らした。 「完全試合」の時の迫
話をしながらベンチに戻る捕手・中村悠平(右)と佐々木朗希=札幌ドームで2022年11月10日、貝塚太一撮影 拡大
話をしながらベンチに戻る捕手・中村悠平(右)と佐々木朗希=札幌ドームで2022年11月10日、貝塚太一撮影

 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球の日本代表「侍ジャパン」は、栗山英樹監督体制の第一歩となる11月の強化試合を4戦全勝で終えた。投手陣では鍵の「第2先発」で起用された4投手が無失点と好投。慣れないWBC使用球の扱いにも、さまざまな工夫を凝らした。

 「完全試合」の時の迫力とは明らかに違った。10日のオーストラリア戦(札幌ドーム)に先発した佐々木朗希(ロッテ)。立ち上がりから直球とフォークが抜けて制球に苦しんだ。佐々木が「ボールも違い、探りながらだった」と振り返れば、吉井理人投手コーチも「感覚がまだしっくりきていない」と評した。

 国際試合ではベンチ前でのキャッチボールは禁止。佐々木はイニング間にブルペンでキャッチボールをして、いろいろな球種の感覚を確かめながら少しずつ対応。走者を背負いながら4回無失点の内容に「最後は少し(感覚を)つかめた。課題が出ること自体いい経験」と語った。

 初参加のメンバーが多い今回は、WBC球への対応が重要ポイントだった。日ごろ使用しているプロ野球のボールと比べると、滑りやすく制球が難しくなるとされる。佐々木の後を投げて2回1安打無失点だった高橋奎二(ヤクルト)は「少し滑る感じ。投げ方を変えないといけない」。2試合で計2回を投げ無失点の湯浅京己(阪神)も「今年、一番感覚が良くなかった」と語るなど、やはり多くの選手に微妙な感覚の違いがあったようだ。

 ただ、万全とは言えなくとも結果を残せるのは日本の投手力の高さだ。特に球数制限があるWBCで「勝敗を分ける鍵になる」と栗山監督が強調する「第2先発」の出来の良さが光った。今回その役割を担ったのは、所属先では先発投手として活躍する高橋宏斗(中日)、宮城大弥(オリックス)、戸郷翔征(巨人)、高橋奎二の4投手。いずれも2~4回を投げて無失点、四球も合計で二つだけだった。栗山監督も「大事な国際試合ではエラーや四球がかなり大きな影響を及ぼす。まずは四球を出さず勝負してくれたのは素晴らしかった」と褒めたたえた。

「第2先発」として結果を残した戸郷翔征=札幌ドームで2022年11月9日、貝塚太一撮影 拡大
「第2先発」として結果を残した戸郷翔征=札幌ドームで2022年11月9日、貝塚太一撮影

 特に4回1安打7奪三振だった戸郷は、普段のルーティンとは異なる準備が求められる中で「遠投ができない分、キャッチボールを長めにした。あまり強く投げずに、球数もぐっと減らして試合に挑んだ」と工夫。WBC球にも「抜けることをイメージして、普段ならやらない『少したたきつける』イメージでやったりした」と見事に順応した。

 一方でオーストラリアとの2試合では日本が早めにリードを奪う展開だったこともあり、よりシビアな場面での継投や中継ぎ投手起用を試す機会はなかった。例えば走者が塁上にいるイニング途中での救援は、経験がものをいう「専門職」に近いが、今回の4試合でそうした状況を想定した投手交代は発生していない。来年3月のWBC本番に向け、より突きつめていく必要がある「宿題」と言える。【角田直哉】

侍ジャパン、強化試合結果

11月5日 ○5―4●日本ハム

▽6日 ○8―4●巨人

▽9日 ○8―1●オーストラリア

▽10日 ○9―0●オーストラリア

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest