国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
断捨離マン様専用 new balance M990 TF3 Red コムデギャルソン CDG x VANS OLD SKOOL LX アディダス アディオスプロ3 【新品未使用】コンバース オフホワイト
NIKE SB DUNK LOW PRO QS Parra 26.5
ダンクSB ジェダイ

「全国のニュース」の写真

バレンシアガ triple s マルチカラー 44国内正規品 美品
Travis Scott × Nike Air Max 1CACT.USgold

関連記事

SLAM JAM x NIKE DUNK HIGH 無料配達

SLAM JAM x NIKE DUNK HIGH
SLAM JAM x NIKE DUNK HIGH "WHITE/CLEAR BLACK" ・スニダンで購入 ・短時間1度のみの着用 ご不明点ありましたらコメントお願い致します。 #nike #ナイキ #ダンク #ダンクハイ #パンダダンク #古着 #ストリート #stussy #スラムジャム #スニーカー
 国連によると、世界の人口が15日、推計で80億人に達した。70億人から12年間で10億人増えた。人口増加は貧しい国が大部分を占めており、国連は貧困の撲滅や気候変動との闘いなどに影響を与える可能性があると警鐘を鳴らしている。 今年7月時点の推計によると、中国の人口が約14億2600万人で世界最多、2
国連本部=米ニューヨークで2022年8月16日、隅俊之撮影 拡大
国連本部=米ニューヨークで2022年8月16日、隅俊之撮影

 国連によると、世界の人口が15日、推計で80億人に達した。70億人から12年間で10億人増えた。人口増加は貧しい国が大部分を占めており、国連は貧困の撲滅や気候変動との闘いなどに影響を与える可能性があると警鐘を鳴らしている。

 今年7月時点の推計によると、中国の人口が約14億2600万人で世界最多、2位のインドは約14億1200万人、3位は米国で約3億3700万人。日本は約1億2400万人で11位。来年にはインドの人口が中国を抜く見通しになっている。

 人口増加の要因としては、公衆衛生の改善や栄養状態の向上などが挙げられる。増加率は鈍化しており、世界人口が90億人に達するのは14・5年後の2037年とみられている。80年代に104億人に達した後は横ばいで推移する見通しだ。

 国連によると、70億人から80億人の増加分の7割は低所得国と低中所得国が占めた。80億人から90億人への増加分では、この二つのグループが9割以上を占めると予想されている。国連は支援が遅れれば、人々が特に気候変動の影響を大きく受ける可能性があると指摘する。

 国連は、化石燃料に依存せざるを得ない人々への支援が必要だと訴える。グテレス事務総長は「世界の持てる者と持たざる者の間に横たわる大きな溝を埋めない限り、私たちは緊張と不信、危機と紛争に満ちた80億人の世界と向き合うことになる」と述べた。【ニューヨーク隅俊之】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest