国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
新品フェラーリ公式腕時計メンズ50m防水クロノグラフ激レア日本未発売ゴールド スウォッチ OMEGA×Swatch MISSION TO THE MOON Yema Flygraf Pilot M1 イエマ フライグラフ kaiさま専用【銀座天賞堂 グランドコンプリケーション】
極美品オーバーホール済み!グランドセイコー!超希少価値大!!ノンデイト手巻き!!
picoさん専用カーキオフィサー44 ユニタス6497手巻き

「全国のニュース」の写真

関連記事

3607 未使用 世界限定1000本 カシオ オシアナス OCW-T2600 最終決算

3607 未使用 世界限定1000本 カシオ オシアナス OCW-T2600
数ある商品の中からご覧頂きありがとうございます。 #能天気花子 ←商品一覧です OCEANUSに日本の伝統工芸である天然藍を落とし込んだモデルです。 JAPAN BLUEとして広く知られている藍染めの中でも、手間と時間がかかるため希少な天然藍を使用。徳島県産天然藍の「阿波藍」をデザインに取り入れ、OCEANUSのブランドカラーを表現しました。 ベースモデルにはワイドフェイスのOCW-T2600を採用。濃いブルーをフェイスに使用し、藍染めの風合いをイメージ。“天然藍灰汁発酵建”という天然素材だけで作られる染料を使用し、藍染めしたレザーバンドを採用。絞り染めを施したレザーをソフトウレタンへ張った藍染めが感じられるバンドと、何度も染めの作業を繰り返し濃く染め上げた“止紺”といわれる色味のレザーバンドの2本セットとなっています。また、デュアルダイアルワールドタイムを搭載し、2都市の時刻を同時に表示できます。簡単なりゅうず操作によりワールドタイムの都市変更も可能。風防は両面反射防止コーティングを施したサファイアガラス。ザラツ研磨、チタンカーバイト処理によるケースの表面硬化など細部に至るまで上質な仕上げを施しています。伝統と先進、2つのジャパンプライドがエレガントに融合したOCEANUSです。 (メーカーHPより)定価は¥132,000です。 未使用品です。ケース・ベルトに保管上の微細なスレ傷があるものの、目立つ傷や汚れは無く、非常に良いコンディションです。付属品は化粧箱・タグ、付属バンド、取替治具、取説、保証書(記載なし)になります。 現在、元気に稼働中です。 ●メーカー CASIO(カシオ) ●製品名  OCEANUS オシアナス ●駆動方式 タフソーラー(ソーラー充電システム)・電波時計 ●モデルNo.  OCW-T2600ALA-2AJR ●カレンダー 日付 ●文字盤色 ブルー ●腕回り 約20.0㎝ ●ケースサイズ(縦×横×厚さ)48.2 × 42.8 × 10.7 mm OCEANUS オシアナス のデザインがお好きな方におススメです。 コレクションにおひとついかがですか。
 明治神宮野球大会は18日、東京・神宮球場で開幕して高校の部の1回戦があり、大会史上初の連覇を狙う大阪桐蔭(近畿・大阪)は東邦(東海・愛知)に9―1で快勝した。次戦は20日でクラーク記念国際(北海道)と対戦する。 大阪桐蔭の8番・岸本真生三塁手(2年)が右翼フェンス直撃のすさまじい当たりを放ち、集中
【大阪桐蔭-東邦】四回表大阪桐蔭1死三塁、岸本が適時三塁打を放つ=神宮球場で2022年11月18日、前田梨里子撮影 拡大
【大阪桐蔭-東邦】四回表大阪桐蔭1死三塁、岸本が適時三塁打を放つ=神宮球場で2022年11月18日、前田梨里子撮影

 明治神宮野球大会は18日、東京・神宮球場で開幕して高校の部の1回戦があり、大会史上初の連覇を狙う大阪桐蔭(近畿・大阪)は東邦(東海・愛知)に9―1で快勝した。次戦は20日でクラーク記念国際(北海道)と対戦する。

 大阪桐蔭の8番・岸本真生三塁手(2年)が右翼フェンス直撃のすさまじい当たりを放ち、集中打の起点となった。

 追い付かれた直後の四回1死三塁、「どんな形でもいいので1点を」と気負い過ぎずに左打席に入った。フルカウントから甘く入った138キロ直球を強振し、勝ち越しの適時三塁打を放った。続く前田悠伍投手(2年)も適時二塁打を放つなど、岸本選手から怒濤(どとう)の5連打。この回、一気に5点を奪って主導権をがっちりと握った。

 試合後のインタビュー。西谷浩一監督、前田投手、岸本選手の3人が横並びとなり、記者からの質問に答えた。頻繁に取材に呼ばれる主将の前田投手と比べ、慣れない部分もあったのだろう。決勝打の手応えを聞かれた岸本選手は「たまたま当たっただけです」と小さくポツリ。続けて「能力がないので、早め早めのカウントで振っていくことを意識した」と再び小さな声だった。それを笑みを浮かべながら聞いていた西谷監督は「これが最後のインタビューやぞ。もっと(大きな声でたくさん)言っとかないと」。冗談めかしながらも、伏兵の活躍がうれしそうだった。

 岸本選手は秋の近畿大会は全4試合のうち3試合に先発出場したが、7打数1安打と振るわなかった。残りの1試合の彦根総合(滋賀)戦は、両親がスリランカ人で1年生のラマル・ギービン・ラタナヤケ選手が「4番・三塁手」で出場し、先制適時打を放つなど3安打と活躍した。どちらが正三塁手か。後輩とのし烈な争いを続けている。

 西谷監督は「(岸本選手は)一生懸命やってくれています。ラマルを使いたいなあと思ったら、しぶとく打ってくる。しぶとい」と絶賛し、岸本選手は「自分が(正三塁手として)出ます」。きっぱりと決意表明した。【大東祐紀】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest