国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
✴︎新品✴︎ レア 正規品 GUCCI スクエア ブラウン べっ甲柄 CHANEL ジェントルモンスター GENTLE MONSTER 黒 OLIVER PEOPLES オリバーピープルズ WHITFORD ボストン ミクリ(mikli)ハーフリムバネ丁番メガネ
ポルシェデザイン PORCHE DESIGN 折りたたみ サングラス
【美品】モスコット レムトッシュ46 ブラック 調光グレーレンズ

「全国のニュース」の写真

関連記事

Maui Jim マウイジム 偏光サングラス ハワイ アメリカ イタリア製 最安値で

Maui Jim マウイジム 偏光サングラス ハワイ アメリカ イタリア製
ご覧頂き有難うございます。 大人気 ハワイのマウイ島で誕生した高機能なサングラス、Maui Jim(マウイジム) マウイジムのすべての商品は、 特許取得テクノロジーを採用した偏光レンズを搭載。 抜群の色彩・透明感、圧倒的に鮮明な視界で、 世界中のプロのサーファーやゴルファー、フォトグラファーなど 色彩・光のプロからも支持されています。 特許取得済レンズ“PolarizedPlus2” マウイジムのレンズを通して見る世界は、別世界。 まぶしく感じる光は除去しながらも、 圧倒的に色鮮やかな視界をお届けします。 その理由は、「色彩を強調」できるレンズにあります。 視界のギラつきを抑える(偏光機能)と共に、 コントラストを高めることで、 周囲の鮮やかな色をよりリアルに再現。 長時間の使用でも疲れを感じさせません。 他の追随を許さない、マウイジムだけの特許技術です。 双方向 グラデーションミラー レンズの上部と下部にミラーコートを施し、 上から照りつける日差しと下からの照り返しをしっかり反射。 まぶしさによる眼精疲労を防ぐことができます。 反射防止コート レンズの内面には、反射を抑えるコートが施され、 背後や下から入ってくる光をブロック。 映り込みがほとんど無いので、クリアな視界を得られます。 撥水・撥油コーティング 水や油分をはじく、マウイジム独自のレンズ表面処理。 普段のお手入れが格段に楽になります。 驚きの耐久性 レンズの両面に傷防止コートを施し、 レンズの耐久性を向上。 ヘビーユーザーでも快適さが長続きします。 正規品 100%本物ですのでご安心下さい。 大人気商品ですので偽物が多数出回ってますのでご注意下さい。 中古品ですので傷、汚れ等ございます。 神経質な方はご入札をお控え下さい。 期間限定ですのでこの機会をお見逃しなく!!
 選挙をやり直す「再選挙」になった東京都の品川区長選。区内の有権者たちは、もう一度、投...
2日投開票の品川区長選の開票作業=東京都品川区

2日投開票の品川区長選の開票作業=東京都品川区

 選挙をやり直す「再選挙」になった東京都の品川区長選。区内の有権者たちは、もう一度、投票をし直すことになる。どうして、やり直しが必要なの?候補者は減るの?お金はどれくらいかかるの?東京23区では初めてとなる珍しい「再選挙」のそもそもの疑問を整理した。
 再選挙は11月27日告示、12月4日投開票の日程で行われる。(デジタル編集部・渡辺陽太郎)
 Q なぜ選挙をやり直すの?
  10月2日に投開票された最初の区長選で、新人6人が立候補し、誰も当選しなかったからです。獲得した票数が1位になった候補者はもちろんいますが、「法定得票数」と呼ばれる当選者になるための最低ラインを超えることができませんでした。
 最低ラインをどう計算するのかは、公職選挙法で決まっています。品川区長選のような自治体トップを選ぶ首長選挙の場合は「有効投票総数の4分の1」以上です。この有効投票総数とは、投票総数から白紙だったり、候補者ではない人の名前が書かれたりした無効票を除いた票数のことです。
 品川区長選の場合は、11万3395票の4分の1に当たる2万8348.75票が最低ラインでした。しかし、票の獲得数がトップだった元都議の森沢恭子さんは2万7759票で、約600票足りませんでした。
 ◆区長選 開票結果(敬称略)
  27,759 森沢 恭子 無新
  26,308 石田 秀男 無新
  24,669 山本 康行 無新
  18,559 西本 貴子 無新
    8,279 村川 浩一 無新
    7,821 大西 光広 諸新
 Q 再選挙では誰が候補者になるの?決選投票になるの?
  決選投票ではありません。品川区長選の再選挙への立候補は、満25歳以上であれば誰でもできます。10月2日投開票の選挙に出た6人は再び立候補してもいいですし、立候補しないこともできます。全く別の人が新たに立候補しても構いません。
 再選挙は10月2日にあった選挙とは全く別の選挙という扱いになります。なので、最初の選挙で獲得した票によって再選挙の候補者が絞り込まれることもありません。全国で過去に6例あった首長選挙の再選挙は候補者が減るケースばかりでしたが、品川区長選の場合、最初と同じ6人のままの可能性も、さらに増える可能性もあります。
 Q 再選挙で、また当選者が出なかったらどうなるの?
  再々選挙(3回目)になります。それでも獲得票数の最低ラインを超える候補者がいなければ、「再々々選挙」(4回目)、「再々々々選挙」(5回目)と続きます。
 ちなみに、再選挙の立候補者が4人以内の場合は、「有効投票総数の4分の1」以上という最低ラインに達する候補者が必ずいますので、再々選挙はなくなります。
 Q 選挙をもう一度するわけだから、また費用がかかるのでは?
  はい、かかります。品川区選挙管理委員会は、再選挙でも、10月2日投開票の選挙と同じ規模の約1億8000万円が必要になると見込んでいます。この費用を確保する手続きとして、10月27日開会予定の区議会定例会に関連予算案が出されます。
 Q そもそも、なんで当選の最低ラインがあるの?
  総務省は、当選者は「有権者全体の代表」でなければならないからだと説明しています。極端に得票の少ない人は、有権者の代表にふさわしくないという考え方です。
 海外では、選挙をやり直す別の方法があります。例えば、2017年のフランス大統領選は11人が立候補し、最低ラインである「法定得票数」(過半数)に誰も達しなかったので、上位2人の決選投票が行われました。
 日本でも実は1946年から52年まで、決選投票が行われていました。ただ自治体トップを選ぶ首長選挙での最低ラインは有効投票総数の「8分の3」と現在よりも厳しく、知事選や市町村選など数百ケースで決選投票が起きてしまいました。
 総務省によると、当時の決選投票はほとんどのケースで、最初の選挙の得票1位の候補者が当選していました。決選投票の意義が薄れたため廃止し、厳しすぎた法定得票数を緩和したそうです。
  ◇
 有権者全体の代表にふさわしい人を当選者とするための再選挙ですが、追加費用が発生し、一時的に首長が不在になるなど、市民生活への影響は少なくありません。決選投票を検討する余地はまったくないのでしょうか。国内外の選挙制度に詳しい一橋大大学院法学研究科の只野ただの雅人まさひと教授(憲法学)に聞いてみると、「再選挙が起こりやすい社会情勢になれば、決選投票なども検討する必要がある。今は、その時期に来ているのかもしれない」という答えが返ってきました。カギは「無党派層」と「ネット選挙の広がり」にあるようです。
▶次ページ 票の分散化傾向が顕著に に続く
前のページ
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest