国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
新品needles Zipped Track Pant 22aw ブラック M undercover スカート パンツ スカート付き ボンテージ GUCCI テクニカルジャージ パンツ drkshdw マストドンカーゴパンツ スキニー デニム
初期01SS マルタン マルジェラ 10 レザーパンツ 48 フランス製
【美品】USA製 Schott レザーパンツ ライダース 600 ライディング

「全国のニュース」の写真

バレンシアガ ベルト付きパンツ the elephant
エンノイ スタイリスト私物 ナイロンパンツ中古

関連記事

lucien pellat-finet arena パンツ 黒 当店だけの限定モデル

lucien pellat-finet arena  パンツ 黒
新品未使用タグ付きです! BLACK×NAVY Mサイズ 自宅保管となります事、確認はしてますが汚れ等見落としあるかもしれません事ご了承下さい!
事故から2週間後の仲代第1踏切。危険を知らせる看板を大きくし、簡易遮断桿(かん)がステンレス製の長い物に交換された。警報機や自動遮断機はなく、依然危険性が指摘されている=2022年10月4日午後1時50分、高松市牟礼町牟礼、増田洋一撮影
[PR]

 今年は日本に鉄道が開業して150年。踏切のない新幹線が延びる一方、在来線では、列車の接近がわかりづらい危険な踏切の解消が足踏みしている。遮断機も警報機もない「第4種踏切」で、全国に2455カ所ある。なくせない一因には、鉄道がない時代からの生活の営みも絡むという。どういうことだろうか。

 10月4日、高松市牟礼町の高松琴平電気鉄道(ことでん)志度線の「仲代第1踏切」の周りに、ことでん、香川県、市、県警の担当者、地元の自治会長、水利組合、土地改良区の代表者ら十数人が集まった。

 同踏切は繁華街の瓦町駅から約8キロ離れ、線路脇には水田と住宅地が広がる。狭い農道に設けられた踏切には、日中は電車が1時間に5本ほど往来するが、警報機や電車が近づくと自動的に下がる遮断機はない。

 ことでんの担当者は「仲代第1は11月1日で廃止したい」と切り出した。同社は、40カ所ある第4種踏切の全廃を目指しており、閉鎖を急ぎたいという。

 9月20日、この踏切で近所の76歳女性が電車に接触し死亡する事故が起きた。電車に付いているビデオカメラの記録によると、女性は電車が30メートルほど手前に近づいたときに踏切に入り、運転士が警笛を鳴らしたが、よけきれなかった。関係者が集まったのは、安全策を考えるためだ。

 ところが、地元の水利組合を代表する男性のひと言で空気が変わった。

 「地権者は(鉄道がなかった…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest