国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
即日発送 ennoy ボーダー ロンT スタイリスト私物 vaultroom ghosting crewneck Lsize fear of god mesh motocross jersey クロムハーツ
クロムハーツ 黒ロングTシャツXLサイズ
90s adidas ゲームシャツ

「全国のニュース」の写真

関連記事

MONCLER ロンT 【おまけ付】

MONCLER ロンT
正規店で購入したものの一度も着用せずクローゼットにしまってありましたので新品未使用になります。 正面のデザインはプリントで文字は刺繍です。 左腕のロゴはパッチワークになっています。 質問等ありましたらコメント頂けると嬉しいです。 カラー···ホワイト 袖丈···長袖 柄・デザイン···プリント(ロゴなど) Supreme balenciaga Demna Gvasalia gucci offwhite VETEMENTS TRAVIS SCOTT
 福岡県中間市の認可保育園「双葉保育園」で2021年7月、送迎バスの車内に取り残された園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(当時5歳)が熱中症で死亡した事件で、降車確認を怠るなどして冬生ちゃんを死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた前園長、浦上陽子被告(45)に対し、福岡地裁は8日、禁錮2年、執行猶予
浦上陽子被告 拡大
浦上陽子被告

 福岡県中間市の認可保育園「双葉保育園」で2021年7月、送迎バスの車内に取り残された園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(当時5歳)が熱中症で死亡した事件で、降車確認を怠るなどして冬生ちゃんを死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた前園長、浦上陽子被告(45)に対し、福岡地裁は8日、禁錮2年、執行猶予3年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。降車の補助を担当し、同罪に問われた保育士の鳥羽詞子(のりこ)被告(59)は禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)とした。

   ◇

福岡5歳熱中症死事件を巡る経過 拡大
福岡5歳熱中症死事件を巡る経過

 浦上陽子被告はこの日、上下黒色のスーツ姿で入廷。両手を膝の上に置いて座り、小さくうなずきながら判決理由を聞いていた。法廷では、亡くなった倉掛冬生ちゃんの母親に向かって鳥羽詞子被告が2回、頭を下げる場面もあった。

 閉廷後、記者団の取材に応じた浦上被告は声を詰まらせながら「本当に申し訳ありません。今後も償い続けていきたい」と述べ、今後は保育の仕事に関わらない意向を示した。弁護人を務めた徳永響(とよむ)弁護士は、人手不足になりがちな現行の保育制度について公判で問題提起したといい「事件をきっかけに、この問題を考えてほしい」と訴えた。

 法廷で浦上被告は、鳥羽被告のような態度を取らなかった。徳永氏は「かつて遺族に謝罪を申し出て拒絶されたこともあり、できなかったのだろう」と擁護した。【平塚雄太、成松秋穂】

埼玉県内の保育園で理事長を務める村山祐一・元帝京大教授(保育学)の話

 執行猶予は付いたものの重い量刑となったのは、保育園や認定こども園で重大事故が相次いでいることを裁判所も重く受け止めたからではないか。被告らの責任が重いのは当然だが、園児の姿が見えないことに、他の保育士も含めて誰も気付けなかったことが最悪の結果につながったとも言える。保育現場のゆとりのなさの表れであり、事件の背景に保育士不足など構造的な問題があったことは明らかだ。安全な送迎のために何を改善すべきか、判決をきっかけに社会全体で改めて考える必要がある。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest