国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
美品 クッシュマン USN ジップ デッキジャケット ネイビー WTAPS JUNGLE LS 19ss ディセンダント ジャケット(S) oamc×peacemaker×edition ライナージャケット
ヒステリックグラマー MA-1 ジャケット
美品 タクシードライバー M65 トイズマッコイ

「全国のニュース」の写真

ジュンヤワタナべコムデギャルソンマンGORE-TEXミリタリージャケットXS
DAIWA PIER39 Tech Hiker Mountain Parka L

関連記事

WTAPS richardson BUDS shirt 【オンラインショップ】

WTAPS richardson BUDS shirt
カラー···グリーン wtapsとrichardsonのコラボBUDSシャツです。 服の系統が変わった為手放すことにします。 大幅値下げは出来かねます。即購入可。 サイズL 着用回数10回未満 値下げ不可 WTAPS richardson ミリタリーシャツ カーゴパンツ NEIGHBORHOOD 長谷川昭雄
 「『かかあ天下』の群馬で女性のユートピアをつくりたい」。評論家で元劇団主宰の西舘好子...
フジコ・ヘミングさん寄贈のピアノの前で笑顔を見せる西舘好子さん(左)と下仁田町の原秀男町長=群馬県下仁田町で

フジコ・ヘミングさん寄贈のピアノの前で笑顔を見せる西舘好子さん(左)と下仁田町の原秀男町長=群馬県下仁田町で

 「『かかあ天下』の群馬で女性のユートピアをつくりたい」。評論家で元劇団主宰の西舘好子さん(82)が理事長を務めるNPO法人日本ららばい協会(東京都葛飾区)が、シングルマザーら女性の自立を支援する施設「女性村」を群馬県下仁田町の廃校に開設する。13日にお披露目のコンサートを開く予定で、西舘さんは「女性が自分の力で生き生きと輝ける場に」と意気込む。(石井宏昌、写真も)

◆評論家・西舘好子さんが下仁田の廃校に開設、女性の自立を支援

 日本ららばい協会は、子守歌を通して子どもの心の健全育成や子育て支援、虐待防止に取り組んでいる。500回以上のコンサートを開き、女優の吉永小百合さんらも支援する。こうした活動の中、新型コロナウイルス禍で女性の雇用や生活環境が不安定になっていると懸念。自立を支援するプロジェクトを立ち上げた。
女性村の拠点になる旧西牧小の校舎=群馬県下仁田町で

女性村の拠点になる旧西牧小の校舎=群馬県下仁田町で

 同町特産のネギにちなみ「ねぎぼうずプロジェクト」と名付け、旧町立西牧さいもく小学校の校舎を拠点に活動する。母子や女性らが交流できる音楽会などの催し、相川厚・東邦大名誉教授が協力する「心身の相談室」、育児や自立のための各種講座を開催。シングルマザーらの自立につながるよう手仕事ワークショップ等の制作指導、農業の体験・研修なども予定し、起業支援や定住促進に取り組む。
 盛岡市の児童養護施設「みちのく・みどり学園」の協力を得て、虐待児童や母子の相談を受け付け、支援する「駆け込み寺」としても活用する方針だ。

◆ヘミングさん寄贈のピアノで13日にコンサート

寄贈されたピアノに書かれたフジコ・ヘミングさんのサイン=群馬県下仁田町で

寄贈されたピアノに書かれたフジコ・ヘミングさんのサイン=群馬県下仁田町で

 山あいの旧校舎は鉄筋3階建てで17教室。うち1室に趣旨に賛同した世界的ピアニストのフジコ・ヘミングさんから贈られたドイツ製ピアノが置かれ、13日のコンサートで演奏される。同室を含め、売店やギャラリーなど計4室を11月に順次公開する。施設には常駐職員1人を置く考えで、町民から募っている。現在、旧校舎は宿泊ができないため、町内の空き家を借りて利用する。
 2021年に米国コカ・コーラ社の財団へ申請した助成金が認められ、35万ドル(当時のレートで約4000万円)を受け取った。これを活動の資金に充てる。町も交流人口の増加や子育て支援の観点から旧校舎の賃貸に応じた。

◆西舘さん「自分らしく生きたい、人生に挑戦したいという女性に来てほしい」

 女性村の原点には西舘さんの体験がある。約50年前、当時の夫で作家の井上ひさしさんと3人の娘で一時暮らしたオーストラリアで、シングルマザーが生活する女性村を訪れた。「小さな屋台が並び、自作のジャムやケーキ、手作りの絵本や詩集、玩具などを持ち寄って売っていた。みんな笑顔で、女性ってすごいって感動した」と振り返る。
 下仁田町には5年ほど前から訪れている。長野県軽井沢町にある別荘への行き帰りで豊かな自然に魅了され、「この地で母子に1日を過ごす楽しさを感じてほしい」と思った。
 西舘さんは「コロナ禍やウクライナの戦争、経済不安、家庭内の虐待など時代は混迷期にあると思う。自分らしく生きたい、人生に挑戦したいという女性に来てほしい」と呼びかけた。
 問い合わせは同協会=電03(6458)0283=へ。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest