国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
10/30まで Maison Margiela マルジェラ チェスターコート ATTACHEMENTダブルブレストコート【ネイビー:サイズ2】 なびきさん予約 tagliatore ポロコート 46 値下げ バーバリー ウールコート 黒
アミアレクサンドルマテュッシ/L
JOHN LAWRENCE SULLIVAN チェスターコート

「全国のニュース」の写真

関連記事

【新品同様】HAVERSACK ハバーザック メルトンダッフルコート サイズL おすすめネット

【新品同様】HAVERSACK ハバーザック メルトンダッフルコート サイズL
【試着のみ】 HAVERSACK ハバーザック メルトンダッフルコート  サイズL 定価72,600円 <デザイン> - 一枚仕立てのダッフルコート - 程よくゆとりのあるオーバーシルエット - ラグランスリーブ - 動作を妨げないように工夫された随所のディテール - フードのサイズ調整のタブあり - カットオフ仕様 <素材> - オリジナルの強撚縮絨メルトン生地 - トグル釦にはリアルホーンを使用 〈サイズ〉 L 着丈 104.5cm 身幅 89cm 今年の冬に購入後、クローゼット保管しておりました。 試着のみの美品です。 ルーズシルエットのダッフルコートです。 “ヴィンテージメルトン” と名付けられたオリジナルの生地を使用。しっかりした打ち込みで厚すぎることなく、オーセンティックな雰囲気のウールメルトン生地となっており、これをカットオフの状態で縫製することで、微妙なニュアンスをつけています。 シルエットはゆったりワイドで、しっかりしたボリューム感となります。脇のマチを大きく取ったラグランスリーブにする事で、身巾のゆとりにも身頃が引っ張られず、袖の可動を妨げる事なく着やすいつくりになっています。 他にもフード口のサイズを調整できるタブや胸の貫通ポケット等、ディテールにも抜かりなく、HAVERSACK らしい、クラシック感と現代的な気分が絶妙に調和したダッフルコートに仕上がっています。 1LDK SH SH-shirt レショップ アナトミカ Anatomica ビンテージ ヴィンテージ Comoli コモリ ヘリル Herill l'echoppe Neat ニート シオタ Ciota AURALEE、オーラリー、コモリ、ブルーナボイン、ノンネイティブ、ネペンテス、Needles、サウスツーウエストエイト、アボンタージ、ウエアハウス、ノースフェイス、ナナミカ、ヤエカ、キャプテンサンシャイン、パタゴニア、ストラト、ハリウッドランチマーケット、ブルーブルー、オアスロウ、フリークスストア、ビームス、ジャーナルスタンダード、ネペンテス、エンジニアードガーメンツ、ユナイテッドアローズ、ロンハーマン、ビームスプラス
 台湾有事の可能性がささやかれる中、鹿児島県の自衛隊基地に米軍が部隊を展開する動きが相次いでいる。鹿屋市の海自鹿屋航空基地では11月中にも米軍が無人偵察機の運用を開始する。奄美大島では2019年に開設された陸自駐屯地を使って日米共同訓練が実施された。地元では米軍の駐留による経済効果に期待する声もある
MQ9の前で報道陣の質問に対応する米軍部隊のアレクサンダー・ケリー司令官(右から2人目)=鹿児島県鹿屋市の海自鹿屋航空基地で2022年11月5日午後4時23分、新開良一撮影
MQ9の前で報道陣の質問に対応する米軍部隊のアレクサンダー・ケリー司令官(右から2人目)=鹿児島県鹿屋市の海自鹿屋航空基地で2022年11月5日午後4時23分、新開良一撮影

 台湾有事の可能性がささやかれる中、鹿児島県の自衛隊基地に米軍が部隊を展開する動きが相次いでいる。鹿屋市の海自鹿屋航空基地では11月中にも米軍が無人偵察機の運用を開始する。奄美大島では2019年に開設された陸自駐屯地を使って日米共同訓練が実施された。地元では米軍の駐留による経済効果に期待する声もあるが、他国からの攻撃対象になるリスクが高まることを懸念する人もいる。有事での避難計画も具体性に乏しいのが実情だ。

 「増大する安全保障の課題には、(日米の)相互協力がかつてないほど重要だ」。10月23日に鹿屋基地の格納庫であった米軍無人偵察機「MQ9」の運用部隊の発足式。部隊を傘下に置く米軍横田基地(東京都)の幹部はあいさつで、軍事活動を活発化させる中国を念頭に、日米同盟の重要性を強調した。

 無人偵察機の配備は周辺海域での他国艦艇の警戒監視が目的。防衛省によると、鹿児島県の大隅海峡や島しょ部では中国海軍艦艇の航行が確認されている。MQ9は全長約11メートル、幅約20メートルで、32時間飛行でき、有人機に比べて長時間の情報収集が可能だ。鹿屋基地には8機が1年間配備され、機体の操作や整備などに当たる隊員150~200人が駐留する。

 台湾や中国に近い県内の島々でも、政府は近年、新たな自衛隊の拠点整備を進めてきた。19年3月に政府は奄美大島に陸自の奄美駐屯地(奄美市)などを開設し、ミサイル部隊を配備。22年8~9月の日米実動訓練では米陸軍の高機動ロケット砲システム(HIMARS)を展開させ、陸自との連携を確認した。無人島の馬毛島(西之表市)にも滑走路2本を配した自衛隊基地を建設し、米空母艦載機の陸上離着陸訓練を実施する計画だ。

 鹿屋市では県内初の米軍の駐留を商機とみる動きもある。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest