国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
【希少】古着 ヴィンテージ BONEVILLE 襟ボア デニムジャケット 2022SS 綿エステルデニム × レザー カバーオール (購入不可決定)comoli 22ss デニムワークジャケット サイズ4 DSQUARED2 デニム ジャケット 46サイズ
CARHARTT W.I.P. TRADE MICHIGAN COAT
美品90s ユーロ リーバイス 70511 04 2nd デニム ジャケット M

「全国のニュース」の写真

関連記事

STORM COWBOY DENIM JACKET TYPE 1954 L 格安

STORM COWBOY DENIM JACKET TYPE 1954 L
Human made デニムジャケット STORM COWBOY DENIM JACKET TYPE 1954 Human made渋谷店購入した新商品です サイズL 手元があるので当日発送できます よろしくお願いします カラー···ブルー
 「鉄のプロフェッショナル」を名乗り、トラック部品などを製造する東京都大田区の...
レタスの水耕栽培を始める大塚鉄工の(右から)大塚章弘社長、経営企画部の沢田果奈さん、椎名祐平さん、木元綾菜さん=東京都大田区で

レタスの水耕栽培を始める大塚鉄工の(右から)大塚章弘社長、経営企画部の沢田果奈さん、椎名祐平さん、木元綾菜さん=東京都大田区で

 「鉄のプロフェッショナル」を名乗り、トラック部品などを製造する東京都大田区の鉄工会社が、レタスやハーブの水耕栽培に乗り出す。京急空港線沿いの4階建てビルを丸ごと植物工場にする。
 直売所や食育施設も併設し、農地がほとんどない大田区で「地産地消」の拠点を目指す。
 植物工場に参入するのは、1939年創業の「大塚鉄工」(同区羽田)。熱した金属をたたいて成形する鍛造と呼ばれる工法で、商用車や油田採掘設備向けの部品を手がけている。
 社長の大塚章弘さん(39)は「電気自動車(EV)シフトなど、自動車産業は大きな変革のど真ん中にある。大消費地の23区内に野菜の量産工場をつくり、経営のもうひとつの柱にしたい」と語る。
 3月に新会社を設立し、大鳥居駅(同区西糀谷)近くの4階建てビルを「FARM HANEDA(ファーム・ハネダ)」と命名。発光ダイオード(LED)を使った植物工場で、フリルレタスやロメインレタス、バジルなどを栽培し、1階で直売する。
 来年初めの販売開始を想定しており、1日当たり1500株の出荷を目指す。無農薬や鮮度を売りにスーパーでの販売のほか、空港に近い立地を生かして輸出も視野に入れるという。
 玉川大学農学部先端食農学科(町田市)の協力で、昨秋に本社ビル内で試験栽培を開始。フリルレタスの場合、種まきから約40日間で収穫できるという。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest