国際線の新規予約、一転再開

オミクロン株の水際対策迷走

記事を保存
マザーガーデン クリスマスログハウス 木製 ままごと クリスマス 最新版 トークアロング エアー ディスニー英語システム  DWE 502104 スプラトゥーン2 新品未開封 レゴ CREATOR 10268 ベスタスの風力発電機
レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル
ディズニー英会話システム フルセット

「全国のニュース」の写真

関連記事

【さとぽん様 専用】かな絵ちゃんA、Bセット 売り切れ必至!

【さとぽん様  専用】かな絵ちゃんA、Bセット
かな絵ちゃんA 定価15400 かな絵ちゃんB 定価15400 身につく力 »記憶力 絵カードを高速フラッシュすることで、低速な情報にしか反応できない左脳では処理できず、高速自動処理機能をもつ右脳で情報を処理するようになります。 脳が最も成長する幼児期に、右脳を活性化することで、脳全体をバランス良く使うことができるようになり、学習が非常に容易になります。 »語彙力 幼児期は、言葉を覚える能力が高く、言語の吸収力がとても高い時期です。 絵カードのフラッシュによって、多くの言葉をインプットし、豊かな語彙を身に付けることができます。 »発想力やイメージ力 右脳の働きを活性化させることで、受け取った情報を映像に変えて見たり、思い通りの映像を頭の中に描くことができるようになります。 音楽や絵を描くなどの芸術的な才能が開花し、創造性にすぐれた子供に育ちます。 順番に並べてあり、100枚ごとに袋に入っています。 少し、折れや線を引いている箇所がありますが問題なく使用できます。 写真を参照してください。 単語リストは付属しています。 他にも七田式のカードを出品しておりますので、そちらもご検討ください。 大きい商品のため、基本土日に発送致します。
 大統領の別荘に押し入った強盗が数百万ドル(数億円)の裏金を発見――。南アフリカでこんなスキャンダルが発覚し、ラマポーザ大統領が窮地に立っている。「クリーン」を売りにしてきたラマポーザ氏は飼っていた牛を売って得た金だと潔白を主張しているが、政治家の汚職が相次ぐ南アで国民の目は厳しく、政権維持は困難と
スキャンダルが発覚した南アフリカのラマポーザ大統領=AP 拡大
スキャンダルが発覚した南アフリカのラマポーザ大統領=AP

 大統領の別荘に押し入った強盗が数百万ドル(数億円)の裏金を発見――。南アフリカでこんなスキャンダルが発覚し、ラマポーザ大統領が窮地に立っている。「クリーン」を売りにしてきたラマポーザ氏は飼っていた牛を売って得た金だと潔白を主張しているが、政治家の汚職が相次ぐ南アで国民の目は厳しく、政権維持は困難との見方も出ている。

 事件は2020年2月9日、首都プレトリアの北約110キロの牧場内にあるラマポーザ氏の別荘で起きた。侵入した複数の強盗犯が革製ソファの中に多額の米ドル札が隠されているのを見つけ、持ち去った。被害総額は不明だが、数億円相当に上るとの見方が出ている。ラマポーザ氏本人は当時、アフリカ連合(AU)の首脳会合でエチオピアにおり不在だった。

 当初事件は全く公表されなかったが、今年6月、政府の情報機関トップも務めた男性が疑惑を地元メディアに暴露した。国民的関心を呼んだため、南ア国会が独立委員会を設けて調査を進め、11月30日に報告書を公表した。

 ラマポーザ氏側は牧場で飼っていた牛20頭を19年12月にスーダン人の男性実業家に売却し、代金として58万ドル(約7900万円)を現金で受け取って別荘で保管していたと説明している。ところが牛は実際には実業家の手に渡っていない上、実業家が南アに外貨を持ち込む際に税関に申告した形跡もなかった。さらにラマポーザ氏には事件の発覚を免れるため、警察に正規のルートで被害を申告せず、大統領警護隊の幹部に容疑者の捜査や逮捕を命じた疑いも持たれている。

 告発者は別荘から盗まれた現金は最大で800万ドル(約11億円)に上る可能性があり、大統領側近がサウジアラビアやエジプト、モロッコなどから違法に持ち込んだものだと訴える。スキャンダルにはラマポーザ氏の追い落としを狙う政治対立が背景にあり、発覚当初はラマポーザ氏を擁護する声も根強かった。

 ただ調査委は報告書で、「資金の出所が不明」などと大統領の説明不足を強く批判。野党のみならず与党・アフリカ民族会議(ANC)内からも辞職を求める声が出ている。

 ANCは元々、人種隔離政策(アパルトヘイト)への反対闘争で黒人の支持を集め、政策撤廃後は一貫して政権を担ってきた。ただ初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ氏を除くと幹部に汚職疑惑が絶えず、ズマ前大統領もインド系富豪との癒着が原因で辞任に追い込まれた。18年に就任したラマポーザ氏は「クリーン」が売りだったが、国民の信頼をつなぎ留められるかは不透明だ。【ヨハネスブルク平野光芳】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest